• iza
  • sankei
  • excite
  • niconico
  • cube
  • zaikei
  • platform
  • biglobe
  • jiji
  • mapion
  • straight
  • rakuten
  • seotools
  • osdn
  • iza
  • sankei
  • excite
  • niconico
  • cube
  • zaikei
  • platform
  • biglobe
  • jiji
  • mapion
  • straight
  • rakuten
  • seotools
  • osdn
mail
seminar

新型コロナ、地震などの災害、少子高齢化など大きな環境変化のなか
売上が上がっているから大丈夫と思っている経営者も多い
ですが…

売上が順調な会社も含め、
7割の会社が赤字であることをご存じでしたか?

経営者に多い5つの勘違い

新型コロナ、地震などの災害、少子高齢化など
大きな環境変化のなか

売上が上がっているから大丈夫と
思っている経営者も多い
ですが…

売上が順調な会社も含め、
7割の会社が赤字であることをご存じでしたか?

経営者に多い5つの勘違い

税理士先生に任せているから大丈夫? 【もっと見る】
  
多くの方が勘違いしていますが、税理士先生が見ているのは税務のことが多く経営者にとって必要なのは財務となります。 財務は、仕分けなどの入力作業などではなく、経営者が方向性を指し示すために必要な、計数管理能力のことをいいます。
  
もっと売上を上げれば、キャッシュは残るはず 【もっと見る】
  
これは、売上とキャッシュの混同による勘違い。 売上は帳票上の数字で目に見えません。ごまかすこともできます。それに比べキャッシュは目に見えるものです。このことから売上の計算だけではキャッシュの増減は把握できません。 売上が出たからといって安心はできません。キャッシュがなくなれば会社はつぶれます。事業継続のためにも、売上とキャッシュは違うものであり、売上の増加とキャッシュの増加は異なるものであることを意識していくことが重要です。
法人税を払うお金がない 【もっと見る】
  
法人税は、売上から経費を差し引いた経常利益から課税されます。金額はおよそ4割~5割と言われています。売上では、キャッシュの増減を把握できません。 そこで税金を払うために、キャッシュがどれだけ残っているかを知っておく必要があります。 そのためにある財務諸表の1つがキャッシュフロー計算書です。
お金は借りれるだけ借りておけ? 【もっと見る】
最近は金利が低いため、借入に抵抗が少なくなっています。しかし、会社には厳然たる借入限度額が存在します。ほとんどの経営者はそのことを知らずに借入をし続けています。 これを知らない事は、会社にとって大きなリスクとなります。
貸借対照表?月次決算?キャッシュフロー?現場がもっとも大事 【もっと見る】
「分析されないものは改善されない」という言葉をご存じでしょうか。 多くの経営者、起業家は何らかのスキルがあり創業している場合がほとんど。しかし、企業経営には1つのスキルだけでは難しいことをご存じかと思います。営業やマーケティング、IT、人脈構築、人事やチームビルディング、総務、労務、税務を含めて会計、そして財務、・・・挙げればきりがありません。この中で、経営にとってももっとも大切な能力をご存じでしょうか?それが計数管理能力です。とある150社を経営し、多くの赤字企業を黒字化させた再生請負人がいます。この経営者も、なにが大切かと尋ねると「計数管理能力」との答えでした。多くの優れた経営者には「数字」に関する名言が多いのもうなずけます。この計数管理能力を鍛えることが企業経営の要と考えています。
 

気が付かなかった経営リスクをハッキリ認識できました。自分にとってはとても価値がありました。

画像で読む

財務と税務って違う!?財務諸表が我が社のコンパスになりました。

画像で読む

自社の問題点がはっきり把握できました。今日学べて本当に良かった。

画像で読む
 

気が付かなかった経営リスクをハッキリ認識できました。自分にとってはとても価値がありました。

画像で読む

財務と税務って違う!?財務諸表が我が社のコンパスになりました。

画像で読む

自社の問題点がはっきり把握できました。今日学べて本当に良かった

画像で読む
クリック(タップ)すると質問の回答が表示されます。
商工会のキャッシュフロー講座と何が違うのですか?
商工会や商工会議所、会計事務所などでキャッシュフロー講座が開催されています。当講座は、キャッシュフロー経営という言葉の説明だけでは留まらず、実際の財務諸表の見方から、改善していくべきことなどをご自身で見つけられるようになるまで、集中してお伝えしていくため、受講した翌日からすぐ実践し、自社の経営に生かすことが出来るのが一番の特徴です。
なぜ無料なのですか?
赤字の中小企業で勤務されている人の割合が52.5%と言われています。また、そういう経営者自体、資金繰りや本業で身動きが取れなくなっている場合があります。そのためオンライン動画でキャッシュフロー経営の大切さをご理解いただき、キャッシュフロー経営で自社の変革の可能性を感じていただくため、期間限定で無料にて公開しております。より詳しく実践的な内容は3日間の集合セミナー(現在はZOOMでの開催)を用意しております。
個別相談にはのってもらえますか?
当講座を受講していただいた方は、1時間の無料相談が可能です。後日、オンラインまたは実際にお会いしてご相談に応じますので、是非お気軽にご利用ください。
数字が苦手なのですが・・・
数字が苦手、数字自体がもう触りたくない!という方でも身につけることができる内容となっておりますのでご安心ください。楽しみながら、わかりやすくお伝えしていく講座となっております。
特別な業界なのですが、動画は役に立ちますか?
この講座はキャッシュフロー経営の原理原則を学んでいただく内容となっておりますので、業界業種関わらず、お役に立つことが出来ます。
直接聞く講座はありますか?
オンライン講座の受講後、毎月東京都立川市とオンラインセミナーZOOMで開催される3日間の集合講座があります。詳細はこちらをご覧ください。
キャッシュフロー講座を定期的に開催していますか
はい。多摩地区で月に1回定期開催しております。今後は月に2回の開催を予定しておりますので、ご都合のよろしい時に是非3日間連続でご参加いただければと思います。こちらでも随時ご案内をしております! Facebookページ【社長ディフェンダー】
感染が心配です。予防策は講じていますか?
当セミナーでは、現在オンラインでの集合セミナーとなっております。そのため、感染の心配はございません。

現在、中小企業の約7割が赤字、その赤字企業で勤務されている人の割合は52.5%と言う統計があります。つまり2人に1人が赤字企業に勤務しているということ そもそも企業とは、雇用機会の創出、お客様や取引先の繁栄、地元地域への貢献など様々な役割を担っています。経営者本人の幸せはもちろん、それを支えているご家族、従業員、お客様や取引先など関わる人々を幸せにする責務を果たすべく、安定的な黒字化、そして無借金経営・ダム経営を企業に実現させていく事こそが我々の使命であると考えております。 「会社は経営者の器以上には大きくならない!」とはよく言われます。今以上に会社の繁栄を目指しませんか?

キャッシュフロー経営推進全国会 東京支部 山口 真