36協定とは?知らなかったでは済まされないサブロク協定をわかりやすく説明【2022年版・後半】

※この記事は2020年に投稿した内容を最新のものに修正しております。

皆様こんにちは。

御社の36協定は適正に締結されていますか?

こちらは36協定(サブロク協定)について解説した記事の後半です。

目次

36協定 届出方法は?

36協定 新様式・書式を説明

36協定 記入例

 

36協定 届出方法は?

労働基準監督署の窓口へ提出するほかに、郵送による提出や電子申請も可能です。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、電子申請の提出が強く推奨されています。

「36協定」は1年の時間外労働の上限を算定するため、1年に1度提出してください。有効期限は起算日から1年間となります。

2021年4月から提出方法にも変更がありましたのでご紹介いたします。

①電子申請に限り、本社一括届出が可能に。

②電子署名・電子証明書の添付が不要になった。

それぞれの提出方法に注意点がありますのでそちらも記載いたします。

 ・初回の電子申請には時間がかかることもあります!→早めに対応してください。

 ・窓口や郵送で提出する場合には2部用意する必要があります→提出用と会社の控え用に2部用意しておきましょう。

36協定 新様式・書式を説明

労働基準監督署に届出が必要な新様式は次の4種類となります。簡単にダウンロードして利用できます。

時間外・休日労働に関する協定届【様式第9号】(Word:45KB)


www.startup-roudou.mhlw.go.jp/word/36format_9.docx

 

時間外・休日労働に関する協定届【様式第9号の2(特別条項付き協定)】(Word:59KB)

 

www.startup-roudou.mhlw.go.jp/word/36format_9-2.docx

 

時間外・休日労働に関する協定届【様式第9号の3(新技術、新商品等の研究開発業務)】(Word:45KB)

 

www.startup-roudou.mhlw.go.jp/word/36format_9-3.docx

時間外・休日労働に関する協定届【様式第9号の4(建設の事業・自動車運転者・医師・製糖業等)】(Word:31KB)

 

 

厚生労働省のスタートアップ労働条件・作成支援ツールを使えば、上記4種類の書面を作成することができます。
・中小企業の方 作成支援ツール(36協定届出作成)

www.startup-roudou.mhlw.go.jp/agreement/login.php

 

・大企業の方、一部の中小企業の方 作成支援ツール(36協定届出作成)

www.startup-roudou.mhlw.go.jp/new_agreement/login.php

 

36協定 記入例

36協定の書式の記入例を疑問に思うことがありますよね。記入の仕方は、厚生労働省のホームページに詳しく載っていますのでご覧ください。

・36協定届の記載例(様式第9号(第16条第1項関係))

www.mhlw.go.jp/content/000708408.pdf

 

 

・36協定届の記載例(特別条項)(様式第9号の2(第16条第1項関係))


www.mhlw.go.jp/content/000350329.pdf

最後に

要件を満たさない36協定は無効となってしまうため、今回の様式変更を機に、改めて36協定の要件や手続きについても是非確認してみてください。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。