無借金経営・ダム経営のススメ

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分37秒です。

前回の記事からのつづき

 

無借金経営・ダム経営の実践

キャッシュフロー経営推進全国会では、無借金経営・ダム経営の実践を強く推進しています。

ただここで誤解の無いようにしていただきたいことは、決して「借入をしてはいけない!」という事ではありません。

借入を行うには「借入の原理原則」が存在し、それに則っていれば良いのだということを覚えておいてください。

さてここで皆様、特に経営者の方々に質問をさせていただきたいと思います。

「自社の借入限度額を知っていますか?」

借入限度額とは

何度も経営者の方に同じような質問をしてきましたが、残念ながら“明確な答え”を出した方にお会いしたことがほとんどありません。

業種によって異なりますが、一般的には月商の6ヶ月以上なら危ない、3ヶ月分以内なら比較的健全といわれています。これは、統計学的な観点からの見解であり、大きくは外れていませんが、業種業態によって当てはまらない場合もありますし、その根拠については、なんともいえないのが実際ではないでしょうか。

実は、すべての人が納得する“すべての企業ごとに厳然とした借入限度額”が存在します!

それを明確に理解していないので、限度額以上の借入を行い、無借金経営には程遠い経営を自ら実践してしまっている、というのが多くの中小企業の実態なのです。

その証拠に、中小企業の場合“一度借入をすれば、永遠に借入を行い続ける”という企業が多いのが実情です。

その原因とは!?

その原因の一つは、「自社の借入限度額」を知らず、それ以上の借入を行っている!

二つ目は、自社の絶対達成しなければならない「必要絶対経常利益高」を知らない!

この二つに尽きるものだと、我々は確信しています。

そのような観点から考えると、“計数を手段と捉え、経営の本質というものを数字を通して理解する”ことが重要になってきます。

無借金経営とは「経営本来のあるべき姿」なのだということを理解していただきたいと思います。

 

文:キャッシュフロー経営講座 認定講師 山口 真


あなたにおすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA